ブログ

放射線技師を目指したきっかけ

こんにちは。ともです!

現在、僕は「診療放射線技師」として総合病院にて勤務しています。

看護師や薬剤師はわかるけど、放射線技師ってどんな仕事するの??

と思う方もいるかもしれませんので、簡単に説明すると、

レントゲンを撮影したり、CT、MRIで検査したりする人のことです。

施設によっては、超音波検査、放射線治療や核医学にも従事します。

今回は、僕が放射線技師を目指した理由や、就職して感じたことなど

について話していこうと思います!

放射線技師を目指した理由

僕はもともと、父が臨床工学技士だったこともあり、

医療関係の仕事に就いてみたいと幼少期から考えていました。

 

そして、小学6年時に担任の先生と揉めたことをきっかけに、

「絶対、この先生よりお金を稼いでやる」と決心し、薬剤師になろうと思っていました。

しかし、高校3年時に学費や学力を考慮し、薬剤師の道は諦めました(笑)

 

そこで、医師、歯科医師、薬剤師に次いで平均年収が高かった診療放射線技師を目指すこととなりました。

 

要は、自分を見下した人よりお金を稼ぎたいというのが最大の理由です。

就職後

前回の記事でもお話したように、

大学卒業後は地元の総合病院へ就職しましたが、

新卒で働いた病院を1年5か月で退職しました。

退職を決めたきっかけ

「知識や経験を無料で教えるのはおかしくない?」

退職を決めた最大のきっかけは、上司からのこの一言です。

 

「上司の給与が多いのは、知識や技術を後輩に伝えるため」

「自分がラクするために、仕事を教える」

これが僕の仕事に対する価値観です。

 

そして、「こんな上司のもとで働く価値がない」と判断し、退職を決断しました。

転職後

転職後は、残業も月に1時間程度になり、私生活に余裕が生まれました。

また、仕事の外来患者が来ない時間は、本を読んだり、携帯など触っても良いような緩い職場です。

仕事中にも作業できる特性を生かし、アフィリエイトを開始しました。

 

「自分を見下してきた人よりお金を稼ぎたい」

「趣味に時間やお金をもっと費やしたい」

 

という自分の理想の人生を考えた結果、

サイドFIRE(資産からの所得と労働からの所得で生活すること)の達成

という明確な目標ができました。

 

現在は、業務中は患者さんのために仕事をこなし、

隙間時間・帰宅後はアフィリエイトとメリハリをつけてやっています。

いつか夢を叶えるために、今は地道に努力していきたいと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆LINE公式アカウントはこちら◆

LINE ID:941ijmjp

スマホの方はワンタップで追加可能です!!

パソコンの方はQRコードを読み込んで追加できます!!