未分類

「復讐心」との向き合い方

ブログをご覧いただきありがとうございます。

とも@20卒放射線技師(@Underdog_1106)です!

みなさんは、「悔しい」「腹が立つ」といった感情を持った時、どのように対処していますか??

ほとんどの人は、一度や二度、「やり返したい」という復讐心が湧いた経験があると思います。

今回は、そんな「復讐心」との僕なりに向き合い方について記事を書こうと思います。

復讐心とは

男の無料写真

復讐したい気持ちとは、危害やストレスを与えた相手に対して報復したい、仕返しをしたい気持ちの事を指します。

自分の心がダメージを受け、その辛かった思いを解消したいという考えから来る人間の感情の一つです。

スポーツの勝ち負けや勝負などから来る「次は何とかしたい」「再挑戦したい」という気持ちとは近いですが、別のものであります。

こちらはより健全で自身の成長の糧になる気持ちですが、復讐心とは同じ危害や不健全なネガティブな気持ちや不快なストレスからくるものなので、満たされたとしても自身のためになるかは分かりません。

復讐心とは誰にでもある気持ちの一つですが、その人の性格や特性によってその程度や種類は変わってきます。

復讐心を抱いた日

僕が復讐心を抱いた人物は、2人ほどいます。

小学校の担任の先生

小学校6年生の時に担任と揉める出来事が起きました。

きっかけは僕がノロウイルスで、母が欠席の電話をした際の担任からの一言です。

「宿題のプリントを学校に忘れたから休むんでしょ?体調不良は嘘なので学校に来させてください。」と担任から返答がきたことです。

当時の僕は真面目だったので、前日に先生が配り忘れた宿題のプリントを持っている友人の家までコピーさせて貰いに行き、宿題を終えていたのです。

そこまでしてやったのに担任からは信じてもらえず、正直、かなり腹が立ちましたね(笑)

当然、母も担任の対応に不満が募り、宿題を片手に学校へ直談判しに行きました(笑)

真実を知ろうとせずに自身の過ちも認めようとしない、そんな大人にならないように生きようと心から誓いました。

そんな出来事があり、学校の先生より平均給与の高い職業に就こうと思い、診療放射線技師を選択したのです。

職場の上司

大学卒業後は地元で一番規模の大きい総合病院へ就職しました。

就職したものはいいもの、人の不幸が好きな上司、人を平気で見下す上司と出会いました。

ミスを見て見ぬふりをされたり、陰口を言われたり、機嫌が悪いと態度に出されたり、はっきり言って人として全く尊敬できませんでした。

質問をしても「知識や技術をタダで貰うのはおかしいからね。」と言われる始末です。

“上司が給与が多いのは、後輩に知識や技術を伝えるため”というのが僕の価値観です。

そういった価値観が違う上司と一緒に働く価値がないと思い、思い切って転職することにしました。

転職しても給与はほとんど変わらないので、その上司らよりお金を稼ぎたいという復讐心が働きました。

今のままでは、その上司らとほとんど年収は変わらない。

だから、副業するしか手はなかったんです。

復讐心との向き合い方

女性の無料写真

復讐心は、その人より幸せになるために使うものだと僕は思います。

見返してやりたい、復讐したいというエネルギーはとても強いと思います。

そのエネルギーを活用してしまえばいいんです。

だって悔しくないですか?

自分が嫌いな相手より年収が低かったり、幸せじゃないのって。

幸せの価値観は人それぞれ違うと思いますが、僕の場合は『見下してきた人よりお金を稼ぐ』ことが一つの幸せの基準です。

お金を稼ぐということは納税することに繋がり、間接的に他者に貢献することになりますからね。

また、年収という明確な数字になって表れることによって、自己肯定感も増しますし。

経済的にゆとりを持った先に、僕を見下してきた人を気にする時間が勿体ないと言えるぐらい成長していきたい。

写真じゃ写らないような、お金じゃ買えないような思い出を一個でも搔き集めた人生を送っていきたい。

これが僕の望む幸せであり、その幸せを掴むために行動していきます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆LINE公式アカウントはこちら◆

LINE ID:941ijmjp

スマホの方はワンタップで追加可能です!!

パソコンの方はQRコードを読み込んで追加できます!!